SONGSスペシャル 宇多田ヒカル~時を超える言葉~ 又吉直樹と初対談/若林恵と対談




◇放送局・放送日時
NHK・2018/6/30(日)・22:11~

◇内容(なんとなく)

◆宇多田ヒカルの“言葉”に迫る10曲

♪Automatic(1998)

♪First Love(1999)

♪光(2002)

♪COLORS(2003)

♪花束を君に(2016)

♪真夏の通り雨(2016)

♪道(2016)

♪あなた(2017)

♪Plat A Love Song(2018)

♪初恋(2018)

◆又吉直樹×宇多田ヒカル初対談

“言葉”について話してみたいと宇多田ヒカルの指名

芥川賞作家・芸人 又吉直樹

▼宇多田ヒカルがなりたかったもの
小説家

子供の頃、漫画家になりたくて「りぼん」に応募したことがある

▼歌に込められたもの
祈り

予測のできない日々から

▼歌ができるとき
喪失

喪失が大きければ大きいほど作品が生まれる

◆小田和正が衝撃を受けた曲

「道」
“フッフッ”が大好き

言葉にならない音がベストの結論だった

「真夏の通り雨」
降り止まない真夏の通り雨に息を飲むようだった

次の瞬間がない“前提”

◆いきものがかり水野良樹

「光」
“運命忘れて生きてきた”

◆宮沢賢治の言葉

「銀河鉄道の夜」より
“なにがしあわせかわからないです”

「今」を今だけで評価できない

◆若林恵×宇多田ヒカル対談

編集者・ライター 若林恵
「WIRED」日本版 前編集長

初恋=初めて人間として深く関係を持った相手
初恋は両親

なぜ時代を歌わない?

どこにも属していない
自分と社会や大きなグループとの関係が想像できない
“わたし”と“誰か”

あなただけに歌う

宇多田ヒカルにとって音楽とは?

他者を意識しない自由の世界

◇出演者
宇多田ヒカル

小田和正、又吉直樹、水野良樹、若林恵

◇クレジット(一部)
<ナレーション>久保田祐佳

<映像提供>EPICレコードジャパン、ユニバーサルミュージック、MUSIC ON! TV(エムオン!)、サントリー食品インターナショナル

<構成>山内浩嗣

<技術>関根和成

<撮影>富井隆浩

<照明>小口拓也

<音声>鈴木勇一

<映像技術>田中幸治

<美術>山口高志

<CG>市川元信

<VFX>安田裕

<音響効果>森原健晃

<取材>神保香織

<ディレクター>鈴木健史

<編集>渦波亜朱佳

<プロデューサー>町田麻美

<制作統括>矢島良

<制作統括・演出>柴崎哲也

<制作>NHKエンタープライズ

<制作著作>NHK