タモリ倶楽部 文庫本の裏にあらすじあり!!ウラスジ大読書会 児玉藍、高橋裕介、郡司聡




◇放送局・放送日時
テレビ朝日・2018/5/5(土)・0:20~

◇内容(なんとなく)

港区麻布十番

【文庫本の裏にあらすじあり!!ウラスジ大読書会】

「うらすじ」
文庫本の裏表紙にある「あらすじ紹介」の部分のこと

ウラスジは本の大ヒットに大きく関係

「文藝春秋」文春文庫次長 児玉藍

「新潮社」新潮文庫nex編集室編集長 高橋裕介

「KADOKAWA」文芸局局長 郡司聡

◆『大相撲殺人事件』(文藝春秋)小森健太朗

(※Amazonへリンク)

ウラスジがSNSで話題になり重版された
現在4刷

◆ウラスジの秘密

・内容は文庫本の担当者が書く

文藝春秋 15文字×10行
新潮社 15文字×12行
KADOKAWA 14文字×14行

ビンゴの言葉を使って規定の文字数に収める

・「……」と「――」

「3点リーダー」は必ず2マス使う
「ダーシ」は必ず2マス使う

・シリーズ物に○弾は基本

・「金字塔」「珠玉」「徹夜本」「号泣必死」「新境地」

○○必読
異色の○○

新潮社はベタな言葉は避ける

◆『最後の恋 つまり、自分史上最高の恋。』(新潮文庫)

(※Amazonへリンク)

「新潮社はベタな言葉は避ける」と言っていたのに「珠玉の」文字が…

文庫本化時にサブタイトルを付けてヒット

担当編集者
『陽だまりの彼女』の帯で「女子が男子の読んでほしい恋愛小説No.1」と勝手に断定

(※Amazonへリンク)
映画化して100万部超え
伝説的な編集者

◆『ダ・ヴィンチ・コード』(上・中・下)KADOKAWA



(※Amazonへリンク)

版権が高い海外の本などは1冊の本を複数に分けて出版する

◆3人の編集者がウラスジ

光浦靖子著『男子が貰って困るブローチ集』(スイッチ・パブリッシング)

(※Amazonへリンク)

【空耳アワー】

カルト/スレイヤー
東京都港区 大塚雄介
同じですね 同じ雑誌 同じ情報ォー!

〒106-8001
東京都港区六本木テレビ朝日
タモリ倶楽部「空耳アワー」係

【次回】
編集スタッフオススメのハコ飯が集結

◇出演者
タモリ

ガダルカナル・タカ、光浦靖子(オアシズ)、井澤健太朗(テレビ朝日アナウンサー)

児玉藍、高橋裕介、郡司聡

安斎肇

◇クレジット(一部)
<ナレーター>武田広、増谷康紀

<構成>近藤裕次、海老克哉、加藤智久

<カメラ>中島せいや、佐藤直志

<音効>黒澤隆昌(佳夢音)

<AP>田中優

<企画監修>菅原正豊(ハウフルス)

<ディレクター>佐藤啓、新川雅史、時崎豊、春田英知、山元豊洋、新井孝輔、安倍聖之

<演出>山田謙司(ハウフルス)

<ゼネラルプロデューサー>荒井祥之(テレビ朝日)

<プロデューサー>山本たかお(テレビ朝日)、梶山貴弘(テレビ朝日)、富樫孝行(田辺エージェンシー)、岩崎晃恵(ハウフルス)

<制作協力>ハウフルス

<制作>テレビ朝日、田辺エージェンシー