ミライ☆モンスター ライフセービング界のミライモンスター 田中綾




◇放送局・放送日時
フジテレビ・2018/7/22(日)・11:15~

◇内容(なんとなく)

日本体育大学(東京都世田谷区)

田中綾(たなかあや・19歳)

競技歴2年で全国大会優勝
高校生で日本代表に選出

ライフセービングは100年前に競技化された
現在23競技

ビーチスプリント(BEACH SPRINT)
約90mの砂浜を走る

ビーチフラッグス(BEACH FLAGS)
約20m先のフラッグを奪い合う

▼日本体育大学ライフセービング部
男子58名・女子32名
インカレ優勝は男女とも最多

レスキュー練習

毎週土曜日
江ノ島ビーチトレーニング

砂の上の陸上では、脚を引き上げる筋力・大きく脚を出すことが必要

▼泳ぎが苦手

父・栄
母・和子

高校生まで25m泳げなかった

昭和第一学園高校(東京都立川市)
高校で一番最初にライフセービング部を創設

部活案内で「あなたの大切な人が目の前で倒れたらあなたには何ができますか?」という言葉に心を動かされた

◆マッスルコレクション in Summer 2018

エディ・ピアス(16歳)イギリス

ベン・ノートン(17歳)イギリス

園田俊(26歳)日本

シェーン・マグワイア(17歳)南アフリカ

◆インターナショナルライフセービングカップ

世界7カ国による国別対抗戦

2017年の同大会成績
ビーチスプリント 4位
ビーチフラッグス 4位

世界の強豪選手
南アフリカ マンディ・マリッツ
オーストラリア ブリー・マスターズ

シーサイドももち海浜公園(福岡県福岡市)

▼ビーチフラッグス

★5位

優勝はマンディ・マリッツ(南アフリカ)

▼ビーチスプリント

佐藤里咲と共に日本代表として

★4位

優勝 マンディ・マリッツ(南アフリカ)
2位 ブリー・マスターズ(オーストラリア)
3位 ケーシー・フィオニール(ニュージーランド)
4位 田中綾(日本代表A)

★2018年度順位
優勝 オーストラリア
2位 ニュージーランド
3位 日本代表A
4位 南アフリカ
5位 アメリカ
6位 イギリス
7位 日本代表B
8位 香港

◇出演者
関根勤、横山由依、高橋朱里

石田たくみ(カミナリ)

北向珠夕(2018年旭化成グループキャンペーンモデル)

◇クレジット(一部)
<企画協力>秋元康

<ナレーター>日髙のり子

<構成>寺田智和、塩沢航、オンダユウ

<協力>日本ライフセービング協会

<AD>冨田祐子、知古嶋しの、山下達也、安藤豊、村瀬拓也

<AP>小塚裕太郎、柴垣早智子、尾台優美

<ディレクター>田上晃一

<プロデューサー>永盛健之、朝妻一、香川かおり、滝澤美衣奈

<演出>有田武史

<チーフプロデューサー>浜野貴敏

<制作協力>D:COMPLEX

<制作著作>フジテレビ