[新] ろんぶ~ん 論文をロンブー淳と味わう。 漫才をおもしろくする技…細馬宏通/漫才自動作成ロボット…灘本明代




◇放送局・放送日時
Eテレ・2018/10/4(水)・23:00~23:30

◇内容(なんとなく)
ロンブー田村淳と一緒に論文を味わう番組

【論文】
学術研究の成果を記した文

論文は「自分の論」

テーマ:漫才

ゲスト:三倉茉奈
2007年度 関西学院大学社会学部社会学科卒
卒論テーマ「キャラ化する社会」キャラ芸人はなぜ人気があるのか?

論文プレゼンター:斎藤司(トレンディエンジェル)

◆漫才、コントにおけるツッコミ役のパフォーマティヴな気づき

電子情報通信学術研究報告. HCS,
ヒューマンコミュニケーション基礎
111(190), 83-86, 2011-08-19

滋賀県立大学人間文化学部教授
細馬宏通

人間行動学の専門家

サンドウィッチマンを大学に招きネタをやってもらった

科研費プロジェクト「笑いがもたらす情報・情動・同調に着目した漫才インタラクションの時空間的分析」の一環

「身体ノリ」
ツッコミに特徴的な動きがある
ボケに気づくまでのツッコミの演技

観客が置いてけぼりにならない
観客を意識している

トレンディエンジェルの漫才も分析

漫才の動作は普段のコミュニケーションの動作と似ている

◆Generating Funny Dialogue between Robots based on Japanese Traditional Comedy Entertainment

the 2014 Conference on Interractive Entertainment, IE2014, 10:1-10:7, 2014

漫才ロボットによるおもしろいネタの作り方

甲南大学知能情報学部教授
灘本明代

データ工学の専門家

商品レビューの感情分析
興味のあるツイートを提示するシステム
など…

Webニュースから漫才ネタが作れるかもしれないと思い立って15年
漫才についての論文を21本書いている

ロボット2台で漫才

即興漫才
ネタ制作1分で4分の漫才が作成される

謎かけ
過剰ボケ
表情ボケ
言葉遊び
対立ボケ

人工知能を取り入れた結果ネタがつまらなくなった

【次回】
テーマ:猫

◇出演者
田村淳(ロンドンブーツ1号2号)、中山果奈アナウンサー

斎藤司(トレンディエンジェル)、三倉茉奈

細馬宏通、灘本明代

◇クレジット(一部)
<ナレーション>石澤典夫

<取材協力>飯田仁、岡本雅史、榎本美香、阪田真己子、大庭真人、石本祐一、村上竜太

<資料提供>電子情報通信学会

<技術>谷口浩司

<撮影>榊原大悟

<映像技術>杉澤賢太郎

<映像デザイン>服部竜馬

<編集>青木正幸

<音響効果>横溝美和

<リサーチャー>喜多あおい

<プロデューサー>北村卓也

<ディレクター>小宮大

<制作統括>大古滋久

<制作・著作>NHK

なぜあなたは論文が書けないのか? 単行本

(※Amazonへリンク)