ろんぶ~ん 「アイドル」の論文 アイドル文化の起源「明星」…田島悠来/モーニング娘。とAKB48のビジネスシステム…箕輪雅美




◇放送局・放送日時
Eテレ・2018/10/18(水)・23:00~23:30

◇内容(なんとなく)
ロンブー田村淳と一緒に論文を味わう番組

【論文】
学術研究の成果を記した文

論文は「自分の論」

テーマ:アイドル

ゲスト:野口五郎

論文プレゼンター:カズレーザー(メイプル超合金)

なぜ人は誰かのファンになるのか?-ファン心理の認知的基盤-
論文著者:仮面女子 桜雪(東京大学文学部卒)

オタ芸モーションの誇張表現に関する研究
論文著者:吉村基(東京工科大学メディア学部卒)
指導教員:渡辺大地(東京工科大学)

◆1970年代の「アイドル」文化装置としての雑誌『明星』

同志社大学 社会学研究科メディア学専攻 2011年度 博士論文

帝京大学文学部社会学科助教
田島悠来

メディア学の専門家

日本特有のアイドル文化の可能性

ファン心理「守ってあげたい」

▼日本型アイドルはどのように生まれ、どのように育ってきたか

1952年10月「明星」創刊号

オーディション番組「スター誕生!」
1971年10月日本テレビで放送開始

田村淳の「淳」は桜田淳子の「淳」からなので思い入れがある
まだ直接会ったことはない

かつて明星の編集に携わっていた
安藤拓朗・金谷幹夫・水野義和

妄想を企画にしていた

▼現代のアイドル事情は?
地下アイドル
FUTURE・HEARTs(「・」はハートマーク)
ゑんら
THE BANANA MONKEYS

ご当地アイドル
SPATIO
ぶどう党
みちのく仙台ORI☆姫隊

「アイドル」文化を活用した地域振興に関する一考察
-「ご当地アイドル」のパフォ^マンスを事例に-

田島悠来先生の別の論文

アイドルが自分で発信し始めた

◆モーニング娘。とAKB48のビジネスシステム その生成プロセスと新奇性・競争優位性

京都マネジメント・レビュー 22,43-63,2013-03
京都産業大学

京都産業大学経営学部准教授
箕輪雅美

経営戦略論の専門家

ヒットのメカニズムを研究

▼ブランド・エクイティ戦略
モーニング娘。=高級ブランド

グループ名をブランドとして一本立ちさせ資産価値を高めることに成功

本来、知名度と寿命は両立しない概念

【ロジカル・インクリメンタリズム】
経営戦略は企業の活動の中で徐々に形づくられていくという考え方

▼フルライン戦略
モーニング娘。=トヨタ・日産

フルライン戦略のメリット
ラインナップを取り揃えることで買い替え時も同じメーカーを選んでもらえる

▼超高速PDCAサイクル
AKB48=ジャパネットたかた

PDCA=PLAN(計画)・DO(実行)・CHECK(評価)・ACTION(改善)

AKB48劇場

ファンが多数決で民主的に作り上げたシステム

いろいろなものを少しだけ作って売れたものだけを大量に生産する

【次回】
テーマ:盛り顔

◇出演者
田村淳(ロンドンブーツ1号2号)、中山果奈アナウンサー

カズレーザー(メイプル超合金)、野口五郎

田島悠来、箕輪雅美

◇クレジット(一部)
<ナレーション>石澤典夫

<取材協力>集英社明星編集部、ジャパネットホールディングス

<技術>伊藤勇

<照明>中西忠義

<音声>尾崎宗弘

<映像デザイン>服部竜馬

<編集>風間義明

<音響効果>横溝美和

<リサーチャー>喜多あおい

<プロデューサー>北村卓也

<ディレクター>卯目速人

<制作統括>石津雅

<制作・著作>NHK

論文を書くための科学の手順

(※Amazonへリンク)