スポーツイノベーション 高校生アスリート データ強化で勝つ!女子バスケット桜花学園vs岐阜女子/両手投げボウラー畑秀明




◇放送局・放送日時
NHKBS1・2018/10/21(日)・21:00~21:50

◇内容(なんとなく)

◆データで勝つ!“高校生”最前線

女子バスケットボール

インターハイ出場校の6割が「デジタルスコアブック」を導入

デジタルスコアブック「Basket Pad2」

▼バスケ王国を築いた“データ分析”

桜花学園高等学校(愛知・名古屋)

全国優勝63回

大神雄子、渡嘉敷来夢などを輩出

井上眞一監督(72歳)

外山優子コーチ

対戦相手校のデータを分析
控えチームが仮想対戦チームとなって練習

▼データでエース封じ初優勝!

岐阜女子高等学校(岐阜・岐南)

安江満夫監督(65歳)

面高春奈コーチ

2017高校総体
桜花学園エース 藤本愛瑚(ふじもとまこ・当時3年)

岐阜女子 木下七美(当時2年)
岐阜女子 バイ・クンバ・ディヤサン(当時3年)190cm

女王を倒したパワーを生かすデータ戦略

桜花学園キャプテン山本麻衣に回すパスをスティール

▼全国高校総体女子バスケットボール決勝
2018年8月7日

桜花学園 vs 岐阜女子

4年連続で同じ組み合わせ

・データ分析で防いだ3ポイントシュート

岐阜女子 林真帆(2年)3ポイントシューター

スクリーン封じ
桜花学園 平下愛佳(2年)

・相手のデータ戦略の“裏”をかく

桜花学園はエース伊森を怪我で失っていた

桜花学園 オコンクォ・スーザン・アマカ(1年)186cm
アマカを抜擢して全く違うバスケット
ほとんどデータがなかった

リバウンドは取れても細かいプレイはこれからの選手だったが、岐阜女子は意識する

岐阜女子 ハディ・ダフェ(2年)188cm
高さで圧倒する予定だった

岐阜女子キャプテン 池田沙紀(3年)
スピードで勝負する作戦に

・勝負を決めたタイムアウト戦略

桜花学園
スタミナがまだないアマカを休ませるため、試合内容に関係なく決まった時間にタイムアウト

桜花学園優勝

◆驚異の高校生ボウラー データ分析で世界に挑む!

ボウリング
ユースナショナルチーム
畑秀明(16歳・高校2年)

両手投げ

ジュニアタイトルを総なめ

世界ユースボウリング選手権2018年(アメリカ・デトロイト)
マスターズ戦 銅メダル

川崎グランドボウル(神奈川・川崎)

練習法は全て独学

スマホで自分の投球を撮影し分析する

心の師は画面の中の世界チャンピオン

ジェイソン・ベルモンテ(35歳)
全米プロボウラーズ協会通算18勝(現役最多)

▼最先端の分析でさらなる飛躍を!

ソプラティコ横浜関内(神奈川・横浜)
最新の測定機器が導入された

投球データ計測システム「SPECTO」

斎藤祐太(22歳)
2017年NHK杯全日本選抜ボウリング優勝

初速・回転数
斎藤祐太はプロでも上位だが、畑秀明はそれを上回る

初速平均は約30kn/h
回転数は500転/分を常に超える

▼データから見えた!両手投げの課題

レーンに塗られたオイルが削られるため1投ごとにレーンの状態が変わる

回転数が高いためよりオイルが削られる

SPECTO分析/プロボウラー 矢野金太

▼ジェイソン・ベルモンテ

「ストームフェア2018」で来日
相模原パークレーンズ(神奈川)

臨機応変のアドバイス

◇出演者
パトリック・ハーラン、向井一弘

原田裕花(バスケットボール元日本代表)、下地賀寿守(ボウリング全日本ナショナルチーム監督)

◇クレジット(一部)
<ナレーション>高川裕也

<映像デザイン>小野裕之

<取材>萩原雅行

<ディレクター>佐藤憲正

<プロデューサー>國分禎雄

<制作統括>倉迫啓司、山下敏男

<制作>NHKグローバルメディアサービス

<制作協力>テレビマンユニオン

<制作・著作>NHK

トキワボウルの女神さま(1) (月刊少年マガジンコミックス) Kindle版

(※Amazonへリンク)

スポンサーリンク