[新] 芸人先生 シーズン2 ビジネス基礎○○講座 アンジャッシュ×ANA 「ギュンギュンに尖らせるブランディング」講座




◇放送局・放送日時
Eテレ・2019/4/1(月)・22:50~23:15

◇内容(なんとなく)

漫才師がビジネスマンに特別講義

先生:アンジャッシュ(児嶋一哉、渡部建)

全日本空輸株式会社(ANA)

広報 松原理恵

◆悩み

新企画が作れず同業他社に先を越される

同業他社に負けないPR方法を知りたい

商品を上手に広める伝え方を知りたい

スポンサーリンク




ビジネス基礎「ギュンギュンに尖らせるブランディング」講座

アンジャッシュ渡部

1)広がる『一点突破』で個性を際立たせろ!

振り返ると細かいところを一点突破して広げていき、最終的にやりたかったことをやっている

「高校野球」に特化して売り込んだ

スポーツ全般が好きという売り方では仕事につながらなかった

漁港に出向いてお寿司を食べる

「漁港寿司のスペシャリスト」というブランディング

「寿司好き」「グルメ全般」では仕事につながらなかった

人に話したくなる「一点突破キャッチ」

「一点キャッチ」がつけやすいものが流行する

より多くの人に刺さる「一点突破」か

多くの人に刺さる「共感」が大事

コントを作る時の絶対的なルール

ぶっとんだことはやらない

誰もがわかりやすい設定・言葉
突飛な発想は、ハマる人にはハマるが、ハマらない人には全くハマらない

2)「ダメダメ」に眠る宝の原石を見つけろ!

「ダメなもの」「何でもないもの」から発想する

「0→1」より「1→2」の方がアイデアが出る

ダメなアイデアからは発想を広げやすい

◆企業の裏側が見たい!

CAの裏側

◆実践編

広がる一点突破キャッチコピー

◆営業コンサルタント 和田裕美

類似商品ばかりだと価格競争になってしまう

尖らせて細分化し個性を出せば勝機あり

安定と刺激
「知ってるけど知らない感」がヒットしやすい

【ダメ糧法(だめかてほう)】

ダメなものはポジティブなものより目立つ
ダメなものは創意工夫が生まれやすい

【フォーカス法】
対象を絞ることでより濃いファンを集められる

◆全日本空輸株式会社

セールス国内旅行事業部 今枝遼
セールス経営企画部 内野絵梨香
セールスウェブ販売部 松尾咲奈
デジタル・デザイン・ラボ 野島祐樹
機内食洋食統括部 伊藤謙二郎
ボーイング777機長 西山裕一

【次回】
アンジャッシュ×ANA 後編
コミュニケーション講座

◇出演者

アンジャッシュ(児嶋一哉、渡部建)

和田裕美

◇クレジット(一部)

<ナレーション>桜井玲香(乃木坂46)

<構成>田中直人、林龍雄

<ディレクター>矢川東哉

<プロデューサー>三好剛

<制作統括>石上滋基、松井修平、野澤尚弘

<制作>NHKエンタープライズ

<制作・著作>NHK、IVSテレビ制作