[新] ひねくれ3 南海キャンディーズ山里亮太&ハライチ岩井勇気&三四郎小宮&乃木坂46秋元真夏 ゲスト:箕輪厚介




◇放送局・放送日時
テレビ東京・2019/4/6(土)・22:30~23:00

◇内容(なんとなく)

未来を変える若き挑戦者の野望をひねくれ検証
明日を生き抜くヒントを学ぶ

オープニングトーク

三四郎小宮「番組名がクソダサい

ハライチ岩井「お笑いをちゃんとやれと言うなら、自分の業績も言え
山ちゃん「お笑いちゃんとやれと言う奴の話は何もやってない奴のたわごとなので無視していいんだよ

ハライチ岩井「アイドルと絡むといいことないですからね…手も出せないし炎上するだけなんで…

ゲスト:箕輪厚介

幻冬舎編集者

28歳の時「ネオヒルズ・ジャパン」創刊
幻冬舎に転職後「多動力」「メモの魔力」「お金2.0」などベストセラーを連発

箕輪「本物っぽいブログを書いてる奴ほどニセモノです。奥ゆかしいブログ。なんか深い事言ってんなぁって言われる奴ほど会議とかに出ると本当に何もしなくて何のバリューも出せないのに、会議が終わった瞬間、気づきをブログにしてたりして、仕事しろよって思う奴は多いですね

箕輪「どんなに大物でも売れっ子でも僕が好きじゃないと成功しない

現在、編集以外に50件くらいの仕事を同時進行

(株)リンクアンドモチベーション 取締役
麻野耕司

株式会社キッズライン
家事サポート事業企画担当
瀧本はろか

明日を生き抜くヒント

24時間自分が好きだと思えることをやる

山里「俺が一番憧れる“呼吸するように努力できる人”

箕輪「努力と思ったらダメで…24時間をどれだけ自分の好きだと思えることで埋められるか
箕輪「努力してますよと思ったり、頑張ってますよと言いたくなったら、俺の仕事の組み立て方が間違ってる

好きだと思えない仕事は次絶対に断る
しかしそういう仕事に気づきは多い

好きだと思えない仕事も次の仕事への糧

未来への野望年表

今年の夏、一切の仕事を辞め海外に移住したい

好きなことをやっていても日常化してどこかでルーティン化してくる
リセットするためには物理的に距離を置き、生活習慣を変える

サイバーエージェントの藤田晋社長から言われた言葉が胸に染みた
「箕輪くん、スゴイ出てるな~こうやって出ている時、利確した方がいいよ」

自分に需要がある時にキッパリ辞める
ずっと出てチヤホヤされて飽きられた後に出ませんと言ったら次に求められることはなくなる

秋元真夏「乃木坂46の卒業時期を決めてもらいたいな…
箕輪「秋元康さんに怒られる

箕輪「卒業は一番イケてるとき

調子が良い時こそ安定を捨て新しいことに挑戦する
自分の価値を高めたまま新たな成功の可能性がある

大胆なことをする前に緻密に計算

居心地が良くなったら次に挑戦する時期

10年後、独立国家を創る

オンラインサロン「箕輪編集室」

サロンメンバーで助け合える場を作る

オンラインサロンは会社のような強制力はない

会社や家庭は抜け出せないコミュニティーだが、オンラインサロンは簡単に抜け出せる

ザ・ハイロウズ「チェンジングマン」の歌詞
「死に物狂いでやらなければつまらなくなる」

徹底的にひとつ掘ることが大事

考えを概念化し神になりたい

【次回】

完売画家 中島健太

◇出演者

山里亮太(南海キャンディーズ)、岩井勇気(ハライチ)、小宮浩信(三四郎)

秋元真夏(乃木坂46)

箕輪厚介

◇クレジット(一部)

<ナレーション>マキタスポーツ

<構成>岩本哲也、加藤淳一郎、佐藤大地

<TD>近藤剛史

<CA<>吉田健吾

<音声>佐藤達也

<美術>小野清菜

<AD>蒲田涼

<ディレクター>甲斐康道

<演出>田中慶

<プロデューサー>清水俊雄、鈴木隆浩、本山ひかる

<チーフプロデューサー>越山進

<制作協力>LOGIC

<制作著作>テレビ東京

スポンサーリンク