ダラケ! 世紀の大事件を知る男たちダラケ! 西村秀樹、吉岡忍、宇都宮健児、大下英治 昭和・平成の大事件の真相が明らかに!「豊田商事事件」の裏側大激白




◇放送局・放送日時
BSスカパー!・2019/5/9(木)・21:00~22:00

◇内容(なんとなく)
お金を払ってでも見たいクイズ

未解決事件を追うジャーナリストダラケ!から約1年半

スポンサーリンク




世紀の大事件を知る男たちダラケ!

昭和・平成の大事件の真相が明らかに!
さらに「豊田商事事件」の裏側大激白!

西村秀樹

元毎日放送記者

記者歴20年

「三菱銀行人質立てこもり事件」

1979年、三菱銀行北畠支店に猟銃を持った男・梅川昭美が客と銀行員30人以上を人質に3日間立てこもった事件
この犯人と、田岡組長を狙撃した鳴海清は、同じ女性と交際していた
映画『TATTO<刺青>あり』に登場する交際していた女性のモデル

西村秀樹が事件後初めて仮眠していた時に警官隊の突入があり今でも後悔している

「山口組三代目・田岡組長襲撃事件」

1978年7月、京都のクラブにいた三代目・田岡一雄組長が鳴海清に狙撃された事件
事件から2ヶ月後、狙撃した鳴海清は六甲山中の瑞宝寺谷で腐乱死体となって発見

「吹田事件」

大阪で起きたデモ隊900名が国鉄吹田操車場に侵入した事件

吉岡忍

ノンフィクション作家歴52年

「豊田商事事件」

「日航機墜落事故」(日本航空123便墜落事件)

『墜落の夏』講談社ノンフィクション賞受賞

「連続幼女誘拐殺人事件」

1988年に起きた宮崎勤による連続幼女誘拐殺人
精神鑑定書が4種類あった
裁判では却下されたが、宮崎勤は多重人格と鑑定されたものもあった

「秋葉原通り魔事件」

2008年、秋葉原で起きた無差別殺傷事件…犯人は死刑囚・加藤智大

宇都宮健児

弁護士歴47年

「KKC事件」

「地下鉄サリン事件」

「坂本堤弁護士一家殺害事件」

坂本弁護士の奥さんは宇都宮弁護士の事務所に勤務しており産休で退所した
この事件でオウムに捜査が入っていれば松本サリン事件も地下鉄サリン事件も起きなかったはず

「國松警察庁長官狙撃事件」(地下鉄サリン事件から10日後)

1995年、國松孝次警察庁長官が自宅マンション前で何者かに狙撃された事件(2010年時効)
警察は中村泰容疑者を逮捕できなかった
犯人がオウム真理教じゃないと困るという警察上層部からの圧力がかけられたため
2010年時効を迎えたが、警視庁が「オウム真理教によるテロ」と公表
捜査で起訴できていないにもかかわらず見解を発表するのは異例
オウムの後継団体「アレフ」が損害賠償提訴し名誉毀損が認められ、警察の大失態となった

大下英治

元週刊文春記者

ジャーナリスト歴50年

「グリコ・森永事件」

1984~1985年、食品会社を標的とした一連の企業脅迫事件

容疑者Kはイトマン事件で捜査を受けていた

「広島ヤクザ戦争」

「豊田商事事件」

「3億円事件」

「松山ホステス殺人事件」

1982年、ホステスが元同僚の福田和子に殺害された事件
時効直前に逮捕され話題に
それほど美人ではないが、取材した男性全員が結婚したいと言ったが、籍でバレるため結婚しなかった

激論!朝まで豊田商事!

豊田商事事件は大きく分けて2つある

組織的詐欺事件 捜査二課

永野一男会長刺殺事件 捜査一課

西村秀樹記者は、あの時、廊下にいた

2人の犯人から「頼まれた」と聞いたのは西村秀樹

宇都宮健児弁護士は豊田商事の資金回収・財産を売却する管財人を担当

実際に使用されていたパンフレットと金の延べ棒(模造品だった)

永野一男会長

当時32歳

振込詐欺の走り

◆被害総額約2000億円の行方は?

約800億円は顧客への利子配当

約600億円は従業員の人件費

約100億円は永野一男会長個人の先物取引ですられた

残りはダミー会社「銀河計画」から約100社のダミー会社へ

永野一男の認知症の母は息子と同じベッドで息を引き取った(吉岡忍・談)

★第1回 世紀の大事件を知る男たちダラケ!
優勝 吉岡忍

※今回番組に登場する情報はダラケ!さん達の意見を尊重したものであり、その真偽を確定するものではありません

【次回】
美を追求し続ける全身整形ダラケ!

◇出演者

千原ジュニア、米田弥央

西村秀樹、吉岡忍、宇都宮健児、大下英治

◇クレジット(一部)

<構成>板坂尚、デーブ八坂、河野有

<ナレーター>塩野潤二

<TP>辻本豊

<SW>和田篤

<CAM>村上信介、稲葉諒祐

<VE>塚本修

<音声>小玉秀人

<照明>八木原伸治

<美術>清水久

<美術デザイン>中村嘉邦

<編成>齊藤肇、渡部康弘

<リサーチ>湯原圭介、鎌田明

<企画>清水泰貴

<AD>橋本悠希

<ディレクター>伊達政紀、松村耕平、師岡靖成、堀田大輔

<AP>安食麻衣

<プロデューサー>川原崎紘史、谷田磨隆、斯波豊、佐藤甲三

<演出>相澤宏明

<チーフプロデューサー>安村将史

<制作協力>P-Company

<制作>SPBC

<制作著作>スカパー!