マツコの知らない世界 松宏彰のドライカレーの世界…カレーを超える絶品ドライカレー/花田欣也のトンネルの世界…絶景トンネル




◇放送局・放送日時
TBS・2019/8/20(火)・20:57~22:00

◇内容(なんとなく)

スポンサーリンク




カレー界最強!?ドライカレーの世界

カレーを3000軒食べ歩いてドライカレーに行き着いた男

松宏彰(まつひろあき・49歳)

映像クリエイター

「カレーはギリギリの崖っぷちの人間を救う作用はあると思う」

ドライカレーの2大イメージ

・チャーハン型

・上に乗せる型

エスビー食品 噂の名店湘南ドライカレーお店の中辛
by カエレバ

成城石井ではカレーコーナーに12種類のドライカレー

カレー屋パク森

現在、渋谷で「カレー屋パクパクもりもり」として営業している

カレー屋 パクパクもりもり

ランキング上位の常連 パク森のカレーとは…
[住所]東京都渋谷区道玄坂2丁目16-8 ビジネスヴィップ道玄坂坂本ビルB1
posted with タベレバ

カレーを超える絶品ドライカレー3選

◆スパイスが密集!食べた瞬間脳にガツンと来る快感

ドライカレー激戦区「神宮前」の店を狙え

「MOKUBAZA CURRY & BAR」

ナッツキーマカレー

「Blakes」

GHEEの元シェフが2016年に再オープン

「GHEE」

1980年代~2005年、村上春樹も通った伝説のカレー店
NIGOがバイトしていたことで有名

「LORANS.」(神宮前)

ドライカレーも食べられる生花店

◆造形の美しさ!固形のカレーと食材のコントラストはもはやアート

「カレーハウスゴッド」(吉祥寺)

夜は焼肉店、昼は間借りカレー

味は欧風カレー系

店主 村上さん

チーズドライキーマカレー

「MOKUBAZA CURRY & BAR」

チーズキーマ

アボカドキーマ

ローストトマトキーマ

「なんてこった研究所」(名古屋)

キーマカレーネロ

チーズにイカ墨を混ぜドライカレーの上にかけている

エピスマンマミーア Epice Mamma Mia なんてこった研究所 金山店

お酒の種類が豊富です◎ 当店限定★土日ランチ♪
[住所]愛知県名古屋市中区金山1丁目14-9 長谷川ビルB1
posted with タベレバ

「jicca」(幡ヶ谷)

豚ひき肉と野菜のドライカレー

◆コーヒーとの合わせ技がたまらない!カレーとコーヒーのアロマで極上の味に

ドライカレーを食べるならコーヒーがうまい店を狙え!

「カフェ・ハイチ」

1976年新宿にオープンしたが2011年に本店一時閉店、お客さんの声に応え、現在は中野に再オープンした

マスター 後藤さん

ドライカレー

「カフェアルル」(新宿三丁目)

インドオムラとコーヒー

「ビア&カフェBERG」(新宿東口)

五穀米と十種野菜のカレーライス

3000軒を巡って発見!衝撃度No.1 伝説のドライカレー

ドライカレー専門店は数軒しかない

ドライカレー専門店

「サリサリカリー」(横浜白楽)

スリーコースセット

シンプルなのに激ウマ!

日本でドライカレーが誕生した理由

船の上で食べるため(※諸説あります)

欧風ダイニング「ポールスター」(丸の内)

日本最古のドライカレーを受け継いでいる

特製ドライカレー

新観光スポット!トンネルの世界

35年間、全国のトンネルを巡り続ける男

花田欣也(はなだきんや)

トンネルツアーの企画なども行っている

この夏行きたい!3大観光トンネル

絶景トンネル

神岡レールマウンテン(岐阜県)のようなアトラクション的なトンネル

清津峡渓谷トンネル(新潟県)のようなインスタ映えなトンネル

レトロ

明治宇津ノ谷トンネル(静岡県)

レンガ造り(明治初期~大正初期)

明治9年開通

1997年 国の登録有形文化財に

ワープ

別世界へのワープ感を感じる

旧賎ヶ岳トンネル(滋賀県)

昭和2年開通

昔は抜けると竹生島が見えた

御立岬海浜公園トンネル(熊本県)

絶景

現実世界を忘れられるリラクゼーション空間

旧御坂トンネル(山梨県)

昭和46年開通

抜けると富士山と河口湖が見える

35年巡り続け発見!究極のトンネル

旧北陸線トンネル群(福井県)

敦賀市

25kmの区間に11本のトンネルがある


【次回】

バウムクーヘンの世界
ママさんコーラスの世界

◇出演者

マツコ・デラックス

松宏彰、花田欣也

◇クレジット(一部)

<構成>桜井慎一、町山広美、利光宏治、木南広明、成瀬正人、西村耕平、高倉俊祐、羽田正樹

<ナレーション>玄田哲章

<リサーチ>ライターズオフィス

<TM>荒木健一

<TD>荒井隆之

<カメラ>鈴木貴雄

<VE>長谷川雄祐

<音声>井上奈央子

<照明>木戸昭彦

<CG>森三平

<イラスト>中村サトル

<編集>藤森智史、山本研

<MA>新田領

<音効>福永真弓(FREEDOM OF ZACK)

<美術プロデューサー>棚橋浩之

<美術デザイン>木村真梨子

<美術制作>岩井愛

<装置>佐藤恵美

<操作>石川大輔

<装飾>川原栄一

<電飾>伊吹英之

<アクリル装飾>大和田楓

<花装飾>吉冨有沙

<ヘアメイク>遠藤敏子

<消えもの>伊藤佳明

<技術協力>スウィッシュ・ジャパン、東京オフラインセンター

<企画協力>ナチュラルエイト

<編成>加藤丈博

<宣伝>小林久幸

<TK>滝本優子

<デスク>大澤麻子

<マネジメントプロデューサー>篠塚純

<AD>上野浩幸、松原未琴、常深志乃、三谷奈央

<ディレクター>大内優介、温井里恵

<制作プロデューサー>大橋豪、下條有紀、好田康智

<演出>流郷敏隆

<総合演出>冨田雅也

<プロデューサー>寺田淳史、川島優子

<EP>江藤俊久

<制作協力>UNITED PRODUCTIONS、TBS SPARKLE、SION

<製作著作>TBS



スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加