クレイジージャーニーSP 加藤英明の大好きな爬虫類ハントの旅/ヨシダナギの愛おしき少数民族の旅




◇放送局・放送日時
TBS・2017/8/16(水)・20:54~

◇内容(なんとなく)
クレイジージャーニーゴールデン2時間SP

【世界を巡る爬虫類ハンター】

加藤英明

静岡大学講師

爬虫類と触れ合うために世界50ヶ国を巡る

東京から28時間

カメルーン共和国

今回の目的
「密林に潜む謎多きワニ」
「世界最大のカエル」
「角があるカメレオン」

ドゥアラ国際空港から旅の拠点「ンコングサンバ」へ

途中で車の中から塀の上にいるレインボーアガマを発見、そして捕獲!
今回も走る車内からトカゲを見つけゲット

「レインボーアガマ」
・交尾器が2本ある
・体温が上がると鮮やかな色に変化する

◆「世界最大のカエル」
ポイントとなる川を探索

素手のまま川の草むらや岩陰を手探り

突然加藤が川に身を投げ出すと巨大なカエルが!

マンガみたいな捕まえ方

世界最大「ゴライアスガエル」
足を伸ばすと60cmくらいの大きさ

3m跳ぶといわれている
鳴嚢(めいのう)がないため鳴かない

地元の人に食べられてしまう事も減少理由のひとつ

◆「角があるカメレオン」
マネングバ山

200種を超すカメレオンの中で角が生えた種は7種類

熱帯雨林のジャングルを突き進む加藤
スタッフに気遣いなどしない

ヤスデ(カメルーンオオヤスデ?)

キリキリキリ…というカエルの鳴き声

加藤はまだ見た事がないカエルをゲット
和名のない絶滅危惧種
「メルテンスエッグフロッグ」
・死んだふりをする

「ヨツヅノカメレオン」
・角が4本ある
・オスのみにあるクレスト

さらに「ヨツヅノカメレオン」のオス・メスを一気に発見
手を噛まれる

◆「密林に潜む謎多きワニ」
ヤバシ村

加藤「噛まれなきゃ大丈夫」

加藤「ワニを見つけたら足でおさえる」

川を探索すること3時間

加藤が突然のダッシュ!
ディレクター「ワニ?ワニ?ワニ?ワニ?ワニ?

手でワニの口を押え、体でワニの胴体を抑え込んでいる状態
ワニは持久力がないのでそのままの態勢で10分

ニシアフリカコビトワニ捕獲!

安全確保のため加藤がワニを抑えた状態で、ディレクターがワニの口にテープを巻く

3つの目的を完全制覇

【少数民族を愛する写真家】

ヨシダナギ

これまで200を超える少数民族の文化や生活に触れた

雑誌「Pen」
5/15日号 写真家ヨシダナギが案内する、美しいアフリカ(CCCメディアハウス)

1974年に初めて近代文化と接触したアマゾンの民族
おそらく日本のTV初登場の民族

日本を出発して47時間でブラジル・ジュイナ
さらに車で6~7時間

「エナウェネ・ナウェ族」
アマゾン一儀式が多い民族

エナウェネ・ナウェ族
ダリアマセ

取材交渉OK

大人の男性はプロレスラーのようなパンツのみ
子供の多くは全裸

全体的に距離感が近い

大人も子供も男性ばかり
女性はめったなことがない限り集落から出ない

集落は930人で親戚ごとに22の長屋のような家で生活している

女性を初めて発見するが逃げられる

女性は腰巻のみ

・マンジオッカの芋
「ベイジュー」というマンジオッカを焼いた主食

・オロコイリ
アマゾンに飼育するヤシの葉で作られた性器に装着する儀式用の道具

◆儀式の時間

男性の長い後ろ髪を二つに分けて首の前で結ぶ

・ハリャの儀式

球の儀式
ゴムの樹液で作られたボールをヘディングで打ち合う

・ヤオクワの儀式

ウルクンの木の実

1月~7月
毎日、朝4時~7時、夜6時~11時に行われる

・初潮の儀式

ソプラドール
精霊と話せるシャーマン

悪霊が寄り付かないようになる液体を作り女の子の頭を洗う

エナウェネの女性は初めての生理から20日間閉じ込められタトゥーを彫られ一人前の女性になる

◆ヨシダナギ「同じ格好作戦」
体に紋様を描き腰巻のみになる

これまでの拒絶が嘘のような女性の態度

男性はニヤニヤ

女性達との距離感が一気に縮まった

写真撮影完了

◆世代間のギャップも
モミアゲと眉毛がない習慣だが反抗期で眉毛とモミアゲを伸ばしている
若者はペニスケースを付けることに抵抗がある

【告知】
8月23日(水)発売
DVD(2枚組)第5弾 2750円

◇出演者
松本人志(ダウンタウン)、設楽統(バナナマン)、小池栄子

加藤英明、ヨシダナギ

◇クレジット(一部)
<ナレーター>銀河万丈

<構成>高須光聖、興津豪乃、小山賢太郎、戸田倫彰、飯塚大悟

<美術P・デザイン>木村真梨子

<リサーチ>亀田貴誠

<AD>山田恭平、宇佐美慧太、吉川公美子、岡美優

<ディレクター>塩谷泰孝、今村光宏、高畑忠司、久野公嗣、浜田諒介、加用裕紀、野村和矢

<ロケ>シオプロ

<MP>渡辺英樹

<AP>新貝元章

<演出>横井雄一郎

<プロデューサー>坂本義幸

<製作著作>TBS