鋼の錬金術師を100倍楽しむ方法 作者・荒川弘がテレビ初登場




◇放送局・放送日時
MX・2017/9/27(水)・23:30~

◇内容(なんとなく)
東京ドームシティ

「鋼の錬金術師展」

実物大アル

映画での山田涼介の衣装を特別展示

入場プレゼントは荒川先生画き下ろしの曜日ごとに違う7種類の4コママンガ

人体錬成シーンをプロジェクションマッピングで体感

原画展示

金の荒川先生像

ハボック雑貨店(グッズショップ)

エントランスエリアに本田翼、本郷奏多、土田晃之のサイン

◆『鋼の錬金術師』作者・荒川弘がテレビ初登場

顔は牛のイラスト

荒川弘「BS漫画夜話に出ませんか?って言われたけど、あれ作者が出たら面白くないでしょ…

・本田翼の質問
マスタングさんとホークアイさんの過去の話を掘り下げなかったのはなぜ?

荒川弘「本筋にあまり関係ないから…

・本郷奏多の質問
エンヴィーはイラストによって筋肉質・細身どちらにも見える…どっち?

荒川弘「確かに違うなぁ…意外と考えてなかった…

・土田晃之の質問
荒川先生が人生で一番影響を受けた漫画は?

荒川弘「高橋留美子先生の『うる星やつら』。自分のお金で最初に買った単行本。

村に本屋がなくてお米屋さんに本が置いてあり、当時の最新刊だった16巻を買った

漫画の描き方を意識したのが『うる星やつら』から

すごく無駄のない…大人になって読み返してこれは恐ろしい漫画だと思い、改めて高橋留美子先生方面に手を合わせる…

【告知】
鋼の錬金術師展
10月29日(日)まで開催・午前10時~午後5時
東京ドームシティ・ギャラリーアーモ
前売り1300円/当日1500円

◇出演者
土田晃之、本田翼、本郷奏多

◇クレジット(一部)
<構成>江戸川ダビ夫

<ナレーター>内山夕実

<演出>日下真行

<制作プロデューサー>中村和宏

<プロデューサー>渡辺亮、杉浦貴則、丸山博雄

<制作協力>株式会社スクウェア・アニックス、ワーナーブラザースジャパン合同会社

<制作>えむき

<制作>MBS、TOKYO MX