関ジャム 完全燃SHOW 売れっ子音楽プロデューサーが独自目線で選ぶ2017年ベストソング10




◇放送局・放送日時
テレビ朝日・2018/1/21(日)・23:25~

◇内容(なんとなく)

【業界の売れっ子音楽プロデューサーが独自の目線で選ぶ2017名曲ベスト10】

◆音楽P・歌詞プロデューサー いしわたり淳治
2017年は20組以上のアーティストに詞を提供

1位 菅田将暉「呼吸」
作詞:菅田将暉/飛内将大 作曲:飛内将大

2017年一番の衝撃!!「役を演じるプロ・俳優」ならではの歌

2位 TWICE「TT」
作詞:Sam Lewis/Shoko Fujibayashi 作曲:Black eyed pilseung

SHISHAMOの真逆!!「顔文字」をそのまま歌う驚きの発想

3位 SHISHAMO「魔法のように」
作詞・作曲:宮崎朝子

まさに言葉の顔文字!!親近感を生む歌詞の使い方

4位 欅坂46「避雷針」
作詞:秋元康 作曲:ナスカ

アイドルなのに文学的…思わずうなる作詞テクニックが随所に

5位 DADARAY「少しでいいから殴らせて」
作詞・作曲:川谷絵音

川谷絵音の才能を再確認!強烈だけどキャッチーな歌詞に注目

6位 吉澤嘉代子「残ってる」
作詞・作曲:吉澤嘉代子

「朝帰り」の空気感を抜群の作詞テクニックでパッケージ

7位 DAOKO×岡村靖幸「ステップアップLOVE」
作詞:DAOKO/岡村靖幸 作曲:岡村靖幸

J-POPの歌詞の新しいカタチ!天才が魅せた言葉遊び

8位 Doughnuts Hole「おとなの掟」
(松たか子・満島ひかり・松田龍平・高橋一生)
作詞・作曲:椎名林檎

1曲限りの豪華ユニット!白黒付けない独特の世界

9位 あいみょん「君はロックを聴かない」
作詞・作曲:あいみょん

言葉選びのセンスが素晴らしい!!サビの歌詞にご注目

10位 高橋優「ルポルタージュ」
作詞・作曲:高橋優

優しさと激しさを持つシンガー高橋優の筆圧さえ感じるスゴい歌詞

◆音楽プロデューサー 蔦屋好位置
2017年は30局以上の楽曲を手掛けた

1位 米津玄師「灰色と青(+菅田将暉)」
作詞・作曲:米津玄師

流行と王道の見事なバランス感覚とメロディーセンスに脱帽
ぶっちぎりの1位

サビの注目ポイントは「緊張と緩和」・「テンション」を多用

2位 Official髭男dism「Tell Me Baby」
作詞・作曲:藤原聡

思わず車を停めて聴き入った日本のポップスの未来が見えた楽曲
洋楽的要素を上手く取り入れながらちゃんと日本のポップスになっている

3位 平井堅「ノンフィクション」
作詞・作曲:Ken Hirai

あのヒットメイカーの新境地1本のアコギが生む緊張感
ギタリスト:石成正人

4位 吉澤嘉代子「残ってる」
作詞・作曲:吉澤嘉代子

イントロはあの名曲(井上陽水「帰れない二人」)へのオマージュ!?映画のワンシーンのような歌

5位 奇妙礼太郎「君はセクシー」
作詞・作曲:田渕徹

まるでストリーテラー空気を変える不思議な歌声

6位 AmPm「Best Part of Us」
作詞:Michael Kaneko 作曲:Atsushi Asada

日本人アーティスト逆輸入時代到来!海外進出の新しい答え
Spotifyで日本チャートではなくワールドチャートに入っている

7位 あいみょん「愛を伝えたいだとか」
作詞・作曲:あいみょん

魅力は歌詞だけじゃない!!メロディーメイカーとしての才能に注目
「Just The Two Of Us」コード進行

8位 MAHBIE「Space Brothers」
作詞:田我流・Bobby Bellwood 作曲:MAHBIE

見た目を裏切る作曲センス!!去年最も驚いたトラックメイカー
山梨を拠点に活動

9位 JP THE WAVY「Cho Wavy De Gomenne」
作詞:JP THE WAVY 作曲:非公開

とにかくクセになる替え歌も流行った楽曲

10位 SEVENTEEN AGAiN「絶対君じゃ嫌なんだ」
作詞・作曲:薮雄太

美メロなのにバカバカしい歌詞2017年一番笑った曲

◆吉澤嘉代子「残ってる」
両プロデューサーともランクイン

◆あいみょん
楽曲は違うが両プロデューサーともランクイン

◆ヒロイズム
アメリカ育ちの日本人音楽プロデューサー
オースティン・マホーン「Perfect Beauty」を作詞作曲編曲プロデュース

【関ジャムライブ】

関ジャニ∞
♪「NOROSHI」

【次回】
ドキュメント検証…作曲とは何か?
ゲスの極み乙女。川谷絵音&ピアニスト清塚信也の奇跡のコラボ

◇出演者
関ジャニ∞(横山裕、渋谷すばる、村上信五、丸山隆平、錦戸亮、安田章大、大倉忠義)

古田新太

蔦屋好位置、いしわたり淳治

足立梨花、高橋茂雄(サバンナ)

◇クレジット(一部)
<ナレーション>小野寺一歩

<∞バンド>Peach、大西省吾

<構成>そーたに、都築浩、樅野太紀、興津豪乃

<TD>玉手康裕

<カメラ>千ヶ崎裕介

<楽器>村林正博

<PA>久我洋平

<美術>井磧伸介

<デザイン>加藤由紀子

<音効>波多野精二

<制作協力>トップシーン、BEE BRAIN

<AP>近藤尚、芦原真澄、上野洋輔

<ディレクター>増田哲英、山本紗智子、山崎智史、土屋正和、早川大介、三浦信一、住田拓英

<プロデューサー>山内智未、上条昌樹(トップシーン)、太田兼仁(BEE BRAIN)

<プロデューサー・演出>藤城剛

<ゼネラルプロデューサー>荒井祥之

<エグゼクティブプロデューサー>山本たかお

<制作著作>テレビ朝日