激レアさんを連れてきた。 元横綱若乃花の知られざるアメフト挑戦/鯉250匹をマウス・トゥ・マウスで助けた紳士・小林修




◇放送局・放送日時
テレビ朝日・2018/1/22(月)・23:15~

◇内容(なんとなく)

弘中綾香「人見知りだとか女の子苦手芸人とか言っちゃってあんなこと(若林研究員熱愛報道)がありまして、でも世間が見る目も変わって「してやったり」ですか?

◆いきなりアメフトに挑戦しめちゃくちゃレアな体験をしたのに誰にも話す機会がなくて「あれ何だったの?」と思われている元横綱

ハナダさん(花田虎上)

第66代横綱 若乃花

▼アメフトとの出会い

キッカケは中学時代の相撲部恒例!座布団フットボール
NFLを鑑賞するようになる

各界デビュー後もアメフトにドハマリ

NFLスカウトマン「ハナダをドラフトにかけさせてくれ」
現役引退ご聞かされて悔しかった

スポーツキャスターをしていたがポンコツキャスター
相撲とキャスターのギャップに悩む

30歳にして一念発起!NFLへ挑戦

▼いざアメリカへ

レギュラー番組全部捨てる
コネなし
英語経験なし

アリゾナ州トレーニングセンター
NFLスカウトの老人に経験を積むよう言われる

一旦帰国

社会人リーグ
オンワードスカイラークス部屋入門

▼力士がアメフトすると…

相撲とアメフト全然違う!

・相撲生活長すぎてスパイク履けない問題
足裏筋肉が発達していて靴が入らない

・すり足の癖が抜けない問題
芝に引っかかってすぐコケる

・一度倒れるとフリーズしちゃう問題

AFL(室内アメフトリーグ)合格
しかし就労ビザが下りなかった

【ラベリング】
激レアさんNo.20
足裏が普通の人

◆重油まみれで瀕死状態だった250匹のコイをマウス・トゥ・マウスで蘇生させたサラリーマン

コバヤシさん(小林修)

生物生態研究で学会に研究成果発表をし生物学会をザワつかせる新発見をしている
専門的な研究機関に所属していないフリーの凄腕生物研究家

▼1996年2月17日

熊本県熊本市坪井川
川沿いの学校のボイラーから4000Lの重油が川に流出

重油まみれで瀕死状態のコイ

とんでもない行動に

「口から息フー作戦」

野次馬「いつもこんなことやってるの?

極まった生物愛

若林「思ったより変なおじさん…

長崎大学教授 石松惇
エラに詰まった重油が息で吹き飛ぶと同時に息に含まれる酸素が供給される

1匹約3分
誰も手伝ってくれない

▼4時間経過
コバヤシさんも酸欠状態に

地元小学生3人組と連携プレー

▼6時間経過
250匹全コイ救出

【ラベリング】
激レアさんNo.21
激ヤバおじさんの人

◆プリントシール機のデカ目機能広めてしまった張本人

プリントシール機「美人-プレミアム-」で業界に革命を起こした女性

稲垣涼子

下火になったプリントシール機の開発部署に配属されるとおじさんしかいなかった

おじさん完全無視

当時のプリントシール機には目をパッチリさせるため「目を縦に伸ばす加工」が施されていた

女性からすると「目を横に伸ばすこと」がより可愛く魅せる一番の方法

縦にも横にも伸ばす

目が大きくプリントされることを宣伝せず「暗黙の了解」で

仁義なき「デカ目」戦争勃発

デカ目正常化作戦

・自分の好きな目を選べる
・肌の質感の加工
・髪質をキレイにする加工
・体のラインを加工すし細く見せる

全部いじる方向に

【次回】
鼻に棒を刺して憧れの部族の村に行ったら自分が一番部族っぽくて完全に浮いた人

【募集】
番組HPで激レア体験談募集中

◇出演者
若林正恭(オードリー)、弘中綾香(テレビ朝日アナウンサー)

仲里依紗、中岡創一(ロッチ)

鷲見恵理子

◇クレジット(一部)
<ナレーター>窪田等、ルシファー吉岡

<構成>鈴木おさむ、都築浩、興津豪乃、渡辺佑欣、谷口マサヒト

<デザイン>近藤千春

<リサーチ>トロリー、パレット、伊藤史、スコープ、フリード

<制作スタッフ>高森美帆、井上穂菜美、豊島優貴、迫川航祈、田中万莉子

<ディレクター>高木快郎、橋詰圭太、増井政憲、笹田和宏

<演出>舟橋政宏

<プロデューサー>荻野健太郎、藤本周二、小林智武(オフィスぼくら)、上條昌樹(トップシーン)、市岡まさひこ(トップシーン)、宮城達也(トップシーン)

<ゼネラルプロデューサー>奥田創史

<制作協力>オフィスぼくら、クリーク・アンド・リバー社、太陽カンパニー、トップシーン

<制作著作>テレビ朝日