関ジャム 完全燃SHOW 作曲ってどうやってる?即興曲作り川谷絵音&清塚信也即興コラボ「福火幸い」




◇放送局・放送日時
テレビ朝日・2018/1/28(日)・23:10~

◇内容(なんとなく)

【作曲ってどうやっているの?即興曲作りで解剖】

川谷絵音&清塚信也“作曲とは何か?”実演解説

・川谷絵音

ゲスの極み乙女。
indigo la End
ジェニーハイ
DADARAY

前回出演時(2016.1.10放送)「牛丼音頭」わずか30分で即興曲作りをした

・清塚信也
ピアニスト

ドラマ「コウノドリ」劇伴なども担当

◆川谷絵音の曲作り

1)アルバムのタイトルや曲のタイトルを決めてから作る

2)歌詞・歌メロ・ギターのフレーズ

3)ドラムのリズム&構成

4)他の楽器(ベース・ピアノ)の構成

「達磨林檎」
なぜこの言葉をチョイス?
「遠くから見たら一緒なのに気にしすぎ」というメッセージ性

◆清塚信也の曲作り

1)鍵盤に指を置いた音から or 記憶に残っているメロディー

2)コード進行・伴奏

3)メロディーの精査

・最も大切にしているのはメロディー
・劇伴は台本からイメージして作曲

感情や情景が常にメロディーに変換されている

【約1分半の同じ映像を見てそれぞれ映像に合う楽曲をその場で制作】

どんなことを考えながら作ったのか?制作過程を解説

◆清塚信也

脳内で即曲作り完了

説明するためにポイントを楽譜に起こす

約5分で完成

東洋風の4度のメロディー

▼あまりに早く完成したので急遽2曲目

約1分で完成

イメージをすぐに音楽にできるのは知識(引き出しの数)

◆川谷絵音

スマホのメモ機能で作詞

集中できるよう別室を用意したが、清塚信也が曲を披露する横でそのまま作詞を続ける

約12分で歌詞完成

約29分で歌詞コード進行完成
メロディーを歌わずにコードをはめる

頭の中で鳴るコード進行
コードネームはわからない部分もあるが頭の中では鳴っている

作詞作曲わずか33分で完成

♪「福火幸い」

歌のメロディーはアドリブ

聴き手に想像させる部分を作る

歌い方を変えてもう一度

◆即興で川谷絵音の曲を清塚信也とコラボセッション

川谷絵音がホワイトボードに書いた歌詞とコードで

♪福火幸い

作詞作曲:川谷絵音
編曲:清塚信也

今作った曲を初見で弾く。そして歌う。

清塚「コード感からメッセージが出ている

サビのメロディーのコード進行が「オトナチック」の伏線

【関ジャムライブ】

ゲスの極み乙女。×関ジャニ∞(丸山、安田、村上)

♪「オトナチック」

【次回】
音楽ソムリエ
その曲が好きな人はこの曲も好きなはず
ヒャダイン、蔦谷好位置

◇出演者
関ジャニ∞(渋谷すばる、村上信五、丸山隆平、安田章大、錦戸亮)

古田新太

川谷絵音、清塚信也

夏菜、高橋茂雄(サバンナ)

ゲスの極み乙女。

◇クレジット(一部)
<ナレーション>小野寺一歩

<∞バンド>Peach、大西省吾

<構成>そーたに、都築浩、樅野太紀、興津豪乃

<TD>千ヶ崎裕介

<カメラ>玉手康裕

<楽器>村林正博

<PA>久我洋平

<美術>井磧伸介

<デザイン>加藤由紀子

<音効>波多野精二

<制作協力>トップシーン、BEE BRAIN

<AP>近藤尚、芦原真澄、上野洋輔

<ディレクター>増田哲英、山崎智史、山本紗智子、住田拓英、早川大介、三浦信一、土屋正和

<プロデューサー>山内智未、上条昌樹(トップシーン)、太田兼仁(BEE BRAIN)

<プロデューサー・演出>藤城剛

<ゼネラルプロデューサー>荒井祥之

<エグゼクティブプロデューサー>山本たかお

<制作著作>テレビ朝日