水曜日のダウンタウン リアル八百長対決で新競技「マイナス腕相撲」誕生の瞬間/大食いミックスルール小麦粉大量消費対決




◇放送局・放送日時
TBS・2018/2/21(水)・22:00~

◇内容(なんとなく)

◆お互い負けるよう指示された八百長対決 逆に目が離せない接戦になる説

プレゼンター:吉村崇(平成ノブシコブシ)

偽スポーツ特番「SAMURAI2018」予選という設定

勝利しても決勝戦はスケジュールNG

リアル八百長を打診

お互いが八百長をするとは思ってもいない対決

リアル実況:杉山真也(TBSアナウンサー)

八百長実況:伊藤隆佑(TBSアナウンサー)

▼ビーチフラッグス

・第1試合

ワッキー(ペナルティ) vs 内藤大助(元WBC世界フライ級チャンピオン)

ワッキー立ち上がりに失敗する演技

内藤大助はフラッグとは明後日の方向に飛び込む

ワッキーも転んで飛び込んでフラッグ取れず

気まずさから内藤大助フラッグを取ってしまう

悔しさの演出をするワッキー

・第2試合

パンサー尾形貴弘 vs レイザーラモンHG

互いにフラッグを探すフリ

▼イス取りゲーム

沖口優奈(マジカルパンチライン)
立花あんな(仮面女子)
藤川千愛(まねきケチャ)
忍野さら(グラビアタレント)
小島みゆ(グラビアタレント)

絶対に座ってはいけない椅子取りゲーム

忍野さら、小島みゆは座ったがアイドル3人が座らず没収試合

▼アームレスリング

ボビー・オロゴン vs なかやまきんに君

互いに八百長依頼にゴネた2人の対決

お互いに自分が負ける側に手を引く

新競技「マイナス腕相撲」誕生の瞬間

ボビーキレる

★検証結果
八百長で生まれる名勝負もある

▼八百長ロケ第2弾ロケは実施済み
近日放送予定

◆大食いミックスルール“小麦粉大量消費対決”

プレゼンター:濱口優(よゐこ)

作って食べる対決

“大食い力×料理の腕”12時間で最も小麦粉を消費できるのは?

▼出場者

アンジェラ佐藤(フードファイター) 大食い◎ 料理×

菅原初代(フードファイター) 大食い◯ 料理◯

茂出木浩司(たいめいけんシェフ)&中西学(プロレスラー) 料理◎&大食い△

芸人チーム
バイきんぐ(小峠英二、西村瑞樹)&ハリウッドザコシショウ

制限時間は12時間

料理器具や足りない具材の買い出しOK

日比麻音子(TBSアナウンサー)

▼アンジェラ佐藤

料理下手なのですいとんを作ることに

禁断の小麦粉シェイク

▼菅原初代

パン&ベーグル作り

パンを仕込んでいる合間にお好み焼き作り
魔女菅原がお好み焼きで本領発揮

飽きがこないように様々な料理を作って食べる

▼茂出木浩司&中西学

茂出木シェフが企画を理解していない?

▼芸人チーム

お好み焼き

製麺機でうどん

▼中間発表(6時間経過)
1位 アンジェラ佐藤 2508g
2位 菅原初代 1561g
3位 芸人チーム 1183g
4位 茂出木&中西 210g

▼緊急措置
残り2時間
芸人チーム&茂出木&中西合体

▼優勝 アンジェラ佐藤
小麦粉消費量 4373g

2位 菅原初代 4211g

3位 茂出木&中西&芸人チーム 4053g

★検証結果
小麦粉は腹がふくれる

【みんなの説】

プレゼンター:ケンドーコバヤシ

◆アジャのペイント本人以外誰一人正確に描けない説

描けなかったら罰としてアジャコングが一斗缶攻撃

レイザーラモンRG

豊本明長(東京03)
芸能界No.1のプロレスマニア

ペイントレスラー(ミス・モンゴル)を妻に持つ男

若干間違っていた

スーパー・ササダンゴ・マシン

ブル中野(元女子プロレスラー)

★検証結果

本人以外マジで誰一人描けなかった

【次回】
ベッドの中に人がいるが結局一番怖い説

ジャングルポケットからエース斉藤が抜けたら太田はポンコツおたけと2人で続けるのか?

身長150cm以下100kg超え最強マメタンク探し

◇出演者
ダウンタウン(松本人志、浜田雅功)

森昌子、勝俣州和、須藤凛々花、中岡創一(ロッチ)

吉村崇(平成ノブシコブシ)、濱口優(よゐこ)、ケンドーコバヤシ

◇クレジット(一部)
<ナレーター>服部潤

<構成>高須光聖、興津豪乃、大井洋一、矢野了平、成瀬正人、飯塚大悟、大西右人

<曲>PUNPEE

<CG>ODDJOB

<AP>新貝元章、菊池絢子、竹井晶子、宮里良子、近藤陽子、真壁正彦

<ディレクター>横井雄一郎、田中良憲、佐々木卓也、町田有史、田村裕之、池田哲也、水口健司、久野公嗣、高畑忠司、村中良輔、角田瞬、小林悦子

<制作プロデューサー>田井中皓介、今瀧陽介

<監修>柳岡秀一

<MP>渡辺英樹

<演出>藤井健太郎

<プロデューサー>坂本義幸

<制作協力>吉本興業

<製作著作>TBS

スポンサーリンク