金曜★ロンドンハーツ たまにはホメてくれよGP 業界スタッフから一番ホメられるのは誰!?




◇放送局・放送日時
テレビ朝日・2018/3/9(金)・21:00~

◇内容(なんとなく)

スタッフ132人が現場で感じた
【たまにはホメてくれよGP】

ホメられた数でランキング作成

超いいね!=2ポイント
いいね!=1ポイント
どーでもいいね!=0ポイント

1位 千鳥ノブ
2位 アンガールズ田中
3位 バイきんぐ小峠
4位 千鳥大悟
5位 狩野英孝
6位 FUJIWARA藤本
7位 ロッチ中岡
8位 スピードワゴン小沢
9位 品川庄司品川
10位 とろサーモン久保田

◆バイきんぐ小峠
・編集点になる
・ツッコミが上手
・イジられた時の返し

大声一発で落とせるから編集点となり使いやすい
ワードセンスにも磨きがかかってきているように思います

◆ロッチ中岡
・優しい
・良い人
・一生懸命

人間性

メンズエステ(回春エステ)にむちゃくちゃ詳しい
中岡「アロママッサージです…(熱いのは)麻布十番です

◆千鳥大悟
・昭和の芸人
・ロケが面白い
・ツッコミも上手

打合せでは多くを語らず、早朝ロケには二日酔いで登場、だが本番になると確実に笑いを取ってくれる「昭和の職人」のような人です
有吉「まさに志村イズムの継承者

普段漫才ではボケだが、ロケなどではツッコミが秀逸

スタッフがいなくなってから台本をしっかりと読んでくれているらしい
大悟を演じている

◆FUJIWARA藤本
・ガヤ
・盛り上げてくれる
・優しい

ガヤでスタジオ全体の温度を上げてくれた
藤本「自分だけ楽しければいいかと思ってた時期があったんで…

「すしざんまい」ギャグで、とても優しい後輩思いな一面を見た

ロンハースポーツロケでノブコブ吉村を説教していたのを見て、お笑いに熱くとても真面目な方だと感じた

◆千鳥ノブ
・ツッコミのセンス
・オールマイティー
・裏表がない

「ノブ流」という新たなツッコミの流派を作った

スベった人を助けて笑いに

今いちばんキャスティング会議で名前が挙がる

サブ出しVTRを見ている時のパッと入れてくれる一言がスゴく助かる
ノブさんのコメントはVTRを見るガイドになります

千鳥がMCの番組「世界の村のどエライさん」になぜか敏感なノブ

◆品川祐
・嫌われ者に徹する
・盛り上げてくれる
・筋肉質な体形

最近は人を立たせるコメントを的確にパスしつつ自らもシュートを決めるいいボランチになった

荒れていた時の品川さんが想像もつきません
若いスタッフは横柄な頃を知らない
品川を知らない世代

◆スピードワゴン小沢
・独特な世界観
・優しい
・フレンドリー

何かしら結果を出してくれる

12月になると挨拶が「メリークリスマス」

◆アンガールズ田中
・徹底したキモキャラ
・仕事に前向き
・優しい

キモキャラに徹するようになってからの爆発力がスゴイがキャラだけでなく実はトークも上手

田中「新感覚なんだけど…新しい番組だコレ…

マネージャーさんが「アンガールズのマネージャーで本当に良かった」と言っていたのが印象的

しかし、家の掃除は母親
いつも風俗嬢が寝てるベッドに母親を泊まらせている

風俗嬢が家で寝るほど落ち着くらしい
スーパーパワーワード

◆とろサーモン久保田

予定調和をことごとく嫌う生粋の芸人気質
「クズ」「ゲス」と言われることが多いが実は常識や真っ当な感覚も持っている

体が柔らかそう

◆狩野英孝

必ずミラクルを起こしてくれる

「天才」「奇跡」「ミラクル」「強運」「笑いの神」というワードが多数

金払いの男気がスゴイ
見返りは求めていない

「嬉しい~」の編集点?

【次回】
金曜ロンドンハーツ3時間SP
3/16(金)よる7時
日本ドッキリスター大賞

サンドウィッチマン富澤が伊達にドッキリ
渡辺直美の食いっぷり
千鳥ノブに大汚しドッキリ
女芸人オモシロ映像
ドッキリレジェンド出川哲朗も参戦

◇出演者
ロンドンブーツ1号2号(田村淳、田村亮)

千鳥(大悟、ノブ)、小峠英二(バイきんぐ)、小沢一敬(スピードワゴン)、藤本敏史(FUJIWARA)、久保田かずのぶ(とろサーモン)、狩野英孝、中岡創一(ロッチ)、品川祐(品川庄司)、田中卓志(アンガールズ)

有吉弘行、小島瑠璃子、山崎弘也(アンタッチャブル)

◇クレジット(一部)
<ナレーター>佐藤賢治

<構成>高須光聖、そーたに、中野俊成、町田裕章、岩本哲也、興津豪乃、遠藤敬、松橋周太呂

<ブレーン>〆谷浩斗

<制作協力>テレック

<ディレクター>藤城剛、松本夏、齋藤由和、磯畑哲也、小島健嗣、尾形了、市村進之介、稲垣知宏、杉山桂一、山本雅一、藏本泰輔、佐久本貴史、熊田拓哉

<プロデューサー>山岡重樹、石水浩(テレテック)、太田兼仁

<チーフプロデューサー>朝倉健

<演出・ゼネラルプロデューサー>加地倫三

<制作著作>テレビ朝日

スポンサーリンク