スクール革命! 演歌&ロックを学ぼう!演歌歌手・徳永ゆうき&伊藤一朗(Every Little Thing)




◇放送局・放送日時
日テレ・2018/3/18(日)・11:45~

◇内容(なんとなく)

【日本人が愛する音楽を学ぼう!演歌&ロックSP】

ゲスト先生:古坂大魔王

【1時間目 演歌】

ゲスト先生:徳永ゆうき

第56回日本レコード大賞新人賞
演歌界若手のホープ

年齢は山田涼介、知念侑季、高地優吾の1歳下

◆「演歌」とは元々演説のための歌だった

1970年頃から「演歌」というジャンルが生まれたといわれている
北島三郎デビュー時代は演歌歌手ではなく「流行歌歌手」などと呼ばれていた

◆異色の経歴を持つ演歌歌手

▼若手演歌歌手・最上川司は演歌歌手とヴィジュアル系バンドの二足のわらじ

THE MICRO HEAD 4N’S(マイクロヘッドフォンズ)
バンドのボーカルではなくドラマーTSUKASA
歌うとこぶしが回ってしまうから

最上川司

異色のビジュアル系演歌歌手

▼八代亜紀は地元熊本のバスガイドから

▼原田悠里は元横浜市の公立小学校教諭だった

▼作詞家・丹まさとは「富士そば」会長(丹道夫会長)
趣味の作詞から62歳で作詞家デビュー

▼五木ひろしは3回改名
松山まさる(1965年)
一条英一(1967年)
三谷謙(1969年)
五木ひろし(1971年)

◆演歌歌手には専属司会者がついている

牧野尚之
綾小路きみまろ

◆鉄道マニア徳永ゆうきの営業ネタ

鉄道アナウンスネタ

◆司会者のお仕事「前口上」

アナログタロウ

◆演歌の曲には「ファ」「シ」がないことが多い

ヨナ抜き(和音階)

◆こぶしの利かせ方

ほら貝風
半音上げてすぐ元に戻す

徳永ゆうきがHey!Say!JUMP「Ultra Music Power」を演歌風に歌う

【2時間目 ロック】

ゲスト先生:伊藤一朗(Every Little Thing)

◆ルーツ

リズム&ブルース
ロックンロール

ロックにはたくさんのジャンルがある

◆ビートルズが残した偉大な記録

「イエスタデイ」の元々のタイトル「スクランブルエッグ」

世界で最もカヴァーされた曲としてギネス世界記録

1965年、世界で初めてスタジアムライブをやったバンド
巨大アンプが開発されたきっかけになった(スーパービートル)

世界で初めて衛星中継で生演奏したバンド
新曲のレコーディング風景を2時間放送
「All You Need Is Love」

◆KISSが発売した驚きのグッズ

「エアギター専用の弦」
シャレグッズ

顔を商標登録した

◆いっくんのロック講座

ロックな音の出し方

エフェクター

音楽ディレクターから「イキフン(雰囲気)入れといて」と言われる
譜面にはない音をアドリブで入れること

◆MR.BIGのギターとベースは電動ドリルを使って演奏
ポール・ギルバート
ビリー・シーン

電動ドリルはマキタ製
マキタの社員にむけて曲をプレゼント
「I LOVE YOU JAPAN(SONG FOR MAKITA & JAPANESE FANS)」

◆LUNA SEAのドラマー真矢

空中360度回転ドラム

◆Every Little ThingのCDジャケットの変遷

ライブではできるだけ目立たない

◆ロックを歌おう

WORLD VOICE代表 日山たかし

デスボイス
仮声帯を使って出す

【次回】
女性必見!サラダ&スープSP

◇出演者
内村光良

山田涼介(Hey!Say!JUMP)、知念侑季(Hey!Say!JUMP)、八乙女光(Hey!Say!JUMP)、高地優吾(SixTONES/ジャニーズJr.)、山崎弘也(アンタッチャブル)、オードリー(若林正恭、春日俊彰)、スザンヌ

古坂大魔王

徳永ゆうき、アナログタロウ、伊藤一朗(Every Little Thing)、日山たかし

◇クレジット(一部)
<ナレーション>佐藤賢治

<構成>舘川範雄、藤井靖大、カツオ、丸山浩司、森本雅也

<TM>渡邊勇二

<AD>吉村洸希、西川風花

<AP>橋本直美、藤田志帆

<ディレクター>山本圭亮、長嶺望、山口耕平、原田大輔、本田学、笹尾充

<演出>波多野俊介、栗原利典

<企画・演出>黒川高

<プロデューサー>江成真二、菅原めぐみ、山口敦司

<チーフプロデューサー>伊東修

<制作協力>SION、THE WORKS

<製作著作>日テレ

スポンサーリンク