クレイジーズ CRAZY ONES 世界を変える物語 “皆殺しの天使”ココ・シャネル




◇放送局・放送日時
NHK・2018/4/30(日)・22:00~

◇内容(なんとなく)

ファッションデザイナー
ココ・シャネル(1883-1971)

◆生前最後のインタビュー

1969年撮影 当時85歳

ミニスカートは下品

膝を出すならそこが強調されるからよほど美しくないといけない
肘も同じ
膝や肘がきれいな人なんてほとんどいない

◆女を縛る服を葬れ!

社交界ではコルセットが当たり前だった

ジャージードレスを販売

◆男目線の服は許さない!

ポール・ポワレと対立

「リトル・ブラック・ドレス」

当時、黒は喪服

しかし「VOUGE」で絶賛される主流に

◆シャネルのファッション革命

コルセットを取り払いウエストを開放

ロングドレスの裾を切り歩きやすく

着心地の良さと自由

19世紀のファッションを抹殺した「皆殺しの天使」と称されたことも

「利口な女なんて100万人に5人よ」

「香水はあなたがキスしてほしいところにつけなさい」

◆クビからハサミをぶら下げていた

1939年映像

ダグラス・カークランド
シャネルに密着取材したカメラマン

モデルに服を着せたままいらない部分を切る

◆“ウソだらけ”の生い立ち

ソミュール

ソミュール救済院

出身地を偽っていた

「ソミュール市立古文書館」
クリスティーヌ・グランデー

クロード・ドレイ
シャネルの親友・精神科医

♪トロカデロでココを見たのは誰?

◆エンジェル映像研究所

クレイジーなチェーンスモーカー

◆突然の引退

1939年
香水・アクセサリーのお店以外閉店

第二次世界大戦

ホテル・リッツの宿泊名簿

ドイツ軍将校・ディンクラーゲ男爵と交際し「ホテル・リッツ」に宿泊していた

終戦後、パリからスイスへ

◆奇跡のカムバック

1953年 当時70歳
15年ぶりにお店を再開

当時コルセットが復活していた

ベラ・ヴァルデス(元モデル)

復帰ファッションショー

パリでは酷評されるがアメリカでは絶賛

1957年 ニーマン・マーカスファッション賞受賞

◆仕事のない日曜日は大嫌い

1971年1月11日(87歳)没

唯一の誇りは私の服を着た女性は美しかったこと
私こそが世界で一番女性を美しく装ったの

◇出演者
芦田愛菜、トレンディエンジェル(斎藤司、たかし)

齋藤孝、中野信子、森泉

◇クレジット(一部)
<ナレーション>緒方恵美

<制作>NHKエンタープライズ

<制作・著作>NHK

スポンサーリンク