激レアさんを連れてきた。 マイケル・J・フォックスに人生を捧げた女・Misako Rocks!




◇放送局・放送日時
テレビ朝日・2018/4/30(月)・23:15~

◇内容(なんとなく)

◆土屋太鳳激レアアンケート
ムシャクシャした時は親とケンカする

【マイケル・J・フォックスに会うためだけに生きていたら様々な不幸の連鎖に見舞われたものの結果的にアメリカンドリームを掴んだ人】

ミサコ(Misako Rocks!)

Life’s ups, downs lift manga artist Misako Rocks! to success(the japan times)

◆恋の始まり(11歳)

1988年 テレビで見た映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」

(※Amazonへリンク)

マーティ(マイケル・J・フォックス)

少女漫画のキャラが3Dで出てきた理想の男子

大学の奨学金派遣制度でアメリカへ行こう!

法政大学合格

映画の名台詞
If you put your mind to it, you can accomplish anything.
何事も為せば成る

◆初めてのアメリカ(18歳)

弘中アナのマイケルチャンス

大学合格祝いの約束でハリウッドへ

「ユニバーサルスタジオ in ハリウッド」

発明家ドク(クリストファー・ロイド)に扮したユニバーサルスタッフに会えて嬉しくて全身に発疹
→即帰国即入院1ヶ月

◆大学4年生の時アメリカ留学(22歳)

しかしニューヨークではなくミズーリ州

毎日深夜3時までクッキー片手に英語の勉強
20kg激太り

当時のあだ名は「エルトン・ジョン」

ある日、英語の夢を見て英語ができるようになった

ミサコ「ある程度語学力がアップすると脳みそが180度変わる時がある

◆アメリカ留学で得たものは激太ボディ(23歳)

ミサコの頭の中

ミュージカルのスタッフ

ブロードウェイ

役者友だちができる

友だちとパーティー

マイケルに会える

◆ガチのホームレス生活(24歳)

2001年 住まいも決めずニューヨークへ

紹介された家から2ヶ月で追い出される

捨てベーグル拾い

▼9・11アメリカ同時多発テロに遭遇

▼女たちの愛の園で居候生活

同居人が毎日のように包丁を振り回す

◆恋が成就!?偽マイケルと運命の出会い(25歳)

マイケルっぽい男性と結婚

全く働かナイケル
バイトを6掛け持ち
不倫しまくり男
嫁姑問題

体重が70kg→35kgに激減
胃潰瘍で血を吐く

離婚しタイケル

◆偽マイケルと絶対に離婚しないと決意(26歳)

独学で漫画家の勉強

筆ペンで漫画を描く

しかし門前払い

If you put your mind to it, you can accomplish anything.

不幸な結婚を漫画に描いてやろう

夫婦間の黒い95%を取り払った珠玉の5%を全力で膨らませたラブストーリー

アートセラピー

『ROCK AND ROLL LOVE』

(※Amazonへリンク)

NY公共図書館の「ベスト・ティーンズ・ブック」選出

海外の英語教材に掲載

講演会の依頼

◆アメリカの永住権を獲得し偽マイケルと離婚

現在、マンガアーティストとして活躍

『理由とか目的とか何だっていいじゃん! チャレンジしなくちゃ後悔もできない! ニューヨーク流 自分を解き放つ生き方』

(※Amazonへリンク)

『もうガイジンにしました。』

(※Amazonへリンク)

セレブ学校でマンガ講師をしている

未来しか見ない
デロリアンはいらない

最近、トレイシー・ポラン(マイケル・J・フォックスの妻)と息子たちを見た

夢は続く
to be continued…

(※Amazonへリンク)

▼ラベリング
激レアさんNo.38
マイケルも気付いてて逃げられている可能性のある人

【次回】
40ヵ国の男性と恋に落ちた婚活マスター

【募集】
番組HPで若林&弘中に研究されたい激レアさん大募集

◇出演者
若林正恭(オードリー)、弘中綾香(テレビ朝日アナウンサー)

土屋太鳳、中岡創一(ロッチ)

Misako Rocks!

◇クレジット(一部)
<ナレーター>ルシファー吉岡

<構成>鈴木おさむ、都築浩、興津豪乃、渡辺佑欣、深田憲作

<TM>高田格

<TD>雨森貴之

<カメラ>蛯名岳文

<デザイン>近藤千春

<音効>加藤つよし

<リサーチ>トロリー、パレット、伊藤史、スコープ、フリード

<制作スタッフ>高森美帆、水谷和一、白石宗大、辻淳之、平田隼人、廣瀬莉子

<AP>岩間有香

<ディレクター>水野将仁、中平達将、笹田和宏

<演出>舟橋政宏

<プロデューサー>荻野健太郎、藤本周二、小林智武(オフィスぼくら)、宇和川隆(クリーク・アンド・リバー社)

<ゼネラルプロデューサー>奥田創史

<制作協力>オフィスぼくら、クリーク・アンド・リバー社、太陽カンパニー、トップシーン

<制作著作>テレビ朝日

スポンサーリンク