黒電話会議 キングコング西野亮廣×マキタスポーツ 「第一芸能界」と「第二芸能界」について/パインアメ特命配布課長




◇放送局・放送日時
BS日テレ・2018/7/20(金)・0:00~

◇内容(なんとなく)

黒電話の主からゲストにパインアメを買ってきてもらうことを依頼をすることに

ゲスト:マキタスポーツ

◆時代の変わり目について

オフィス北野からワタナベエンターテイメントにFA

メディアでキングコング西野と2ショットは叩かれるからこれまで避けてきた

音楽ネタを復活させたところでオフィス北野の問題

オフィス北野問題についてマキタスポーツが語る

フリーという選択肢はなかった?

2年前から自分で会社を作っているので、ワタナベエンターテイメントにお世話になるのは一部

「第一芸能界」と「第二芸能界」

第一芸能界は、広告モデルでやっていく世界
第二芸能界は、実際にお客さんからお金をいただく

大元は第二芸能界のはず

しかし、第一芸能界で歯車として得られるものもある
メディアを使って全国規模で名前を知られる

第二芸能界は個人事務所でやる

キンコン西野「基本的に全てのエンタメの核は“共感”である

ベビーブーム世代は数の勝負で強い

人数が少ないのでダイレクト課金

吉本興業でやっているのは広告
個人でやっているのはダイレクト課金

考え方は同じ

◆炎上芸人について

炎上「悪」ではなく、そのやっている内容

信用を勝ち取っているか、失っているかの違い

「クラウドファンディングなんて最低だ」と叩いたせいで日本はかなり出遅れた

作品にリーチすることが大切

◆2人でできること

マキタスポーツ「笑いをもって一番濃密なコミュニケーションをとりたい

本気で泣きながら名曲を作ってYouTubeで無料で聞けるようにしてイベントでパッケージを売る

西野「泣きながら絵本を作っている

◆パインアメ特命配布課長 西野亮廣

【オンラインサロン】
月額会費制のWeb上で展開されるコミュニティの総称
ある分野で優れたスキルや経験を持つ個人、または複数のメンバーが主催者となり運営している

「プペルアメ」
オンラインサロンのデザイン部でコンペをした

8/8(水)
パインアメのイベントがある
「パインアメの日大作戦」

◇出演者
西野亮廣(キングコング)

マキタスポーツ

◇クレジット(一部)
<構成>飯野友輔、竹本啓之

<技術協力>MABU、grasp、ミックビジョン

<協力>パイン株式会社

<制作進行>阿部浩樹、藤田雅司

<ディレクター>貝原桂

<プロデューサー>菊地武、田路圭輔、藤山高浩

<チーフプロデューサー>中西太

<制作協力>テレビの未来を考える会、オフィス・ネクスト・ジェネレーション

<製作著作>BS日テレ