思考実験バラエティー!もしもの世界 第1回 人間より頭の良い動物が現れたら?




◇放送局・放送日時
Eテレ・2018/7/19(木)・18:55~

◇内容(なんとなく)

『絵ときSF もしもの世界』日下実男・著(復刻版)

(※Amazonへリンク)

1973年出版

もしもを考える思考実験

テーマ:もしも人間より頭のよい動物が現れたら?

解説:五箇公一
昆虫学者・国立環境研究所

人類の進化
現在、人間に近い種類がいたことはわかっている
ネアンデルタール人など

進化の過程で人間は他の生物を蹴散らしてきた
→今後人間が蹴散らされる可能性もある

資源が豊富にあれば共存・共生
資源の取り合いとなれば戦争

人間が他の生き物と違う頭の良さは、自ら環境を変えること
一方で人間の身体はどんどん弱くなっている

滝沢カレンは地底人を気にしている
ペッタンコの地底人

柳原可奈子「カレンちゃん、どの番組より生き生きしてるね

▼杉並区立西田小学校
小学5年生

鳥人間

▼昆虫類

ヒアリ
自分の100倍の重さのものを持ち上げる

ハシリダニ
人間サイズに換算すると時速2092km(約マッハ2)のスピードで走っている

▼人間にとって一番脅威となる生物

微生物・寄生生物

手洗い・うがいをちゃんとする?

【次回】
もしも死なない薬ができたら?

◇出演者
劇団ひとり

柳原可奈子、厚切りジェイソン、IKKO、滝沢カレン、羽田圭介

五箇公一

◇クレジット(一部)
<絵>山本耀也

<ナレーター>若本規夫

<TD>西村逸人

<撮影>岩田隆

<取材>池山喜勇

<ディレクター>上本昌弘

<プロデューサー>久保芳夫

<制作統括>鈴木貴靖、荻野太朗

<制作協力>dotframe

<制作>NHKエンタープライズ

<制作・著作>NHK