スポーツイノベーション ハンドボール男子日本代表強化進める“良いファウル”&“サイドシュート”/AR宮崎大輔




◇放送局・放送日時
NHKBS1・2018/4/29(日)・21:00~21:50

◇内容(なんとなく)

◆世界と戦う“武器”をつかむ

東京五輪へ強化!
ハンドボール男子日本代表

日本強化のキーワード
“良いファウル”と“サイドシュート”

宮崎大輔
国内リーグ歴代最多得点

向井一弘キャスターはハンドボールを8年間プレイしていた

ゲストのヤハラリカ(モデル)は高校時代、関東選抜でゴールキーパー

◆課題が見えた“世界との戦い”

ナショナルトレーニングセンター(東京・北区)

日本代表監督
ダグル シグルドソン

フィジカル強化

ディフェンスの要
玉川裕康

ハンドボール世界選手権(2017年)
1勝6敗で24チーム中22位

上位チームは1試合10ファウル以上
日本は5ファウル

ファウルの少なさが弱点

筑波大学体育系教授
會田宏

▼相手の攻撃を止める“良いファウル”

・悪いファウル
横や後ろから止める
2分間退場と相手選手に7mスローが与えられる

・良いファウル
正面で止める
その場所からプレー再開

攻撃の流れを止めることができる

“良いファウル”に必要な“強いフィジカル”

▼世界最高峰が見せた“良いファウル”

リオデジャネイロオリンピック
決勝
デンマーク vs フランス

優勝 デンマーク

フランスが後半8~19分の間、ファウルで止まった攻撃回数6回

▼強化試合 日本 vs バーレーン
アリーナ立川立飛

20-21で敗戦

しかし3倍に増えた“良いファウル”

バーレーン代表エース H.アルサヤード

フィジカル強化が生む日本の“良いファウル”

◆日本躍進の武器に“サイドシュート”

世界選手権2017
上位チームはサイドシュートの成功率が70%を超えているが日本は46%

サイドポジションの平均身長はそれほど変わらない
決定力に大きな差

司令塔の宮崎大輔をサイドに起用

▼徹底分析!宮崎の“サイドシュート”

3D映像で徹底分析

▼シュートコースを広げる

真横にジャンプし、腕を寝かせることでシュートコースを広げる

▼キーパーを操る

シュートを打つ直前、顔の向きでフェイントをかける

決定力を高める駆け引き

▼“究極”のサイドシュート

スピンシュート

▼等身大ARで体験

【次回】
エアレース世界選手権
~データで解き明かす“極限の戦い”~
BS1 5/6(日)夜9:00

◇出演者
パトリック・ハーラン、向井一弘

宮崎大輔、ヤハラリカ

◇クレジット(一部)
<ナレーション>高川裕也

<映像デザイン>小野裕之

<CG制作>下屋勇人

<取材>井上奨

<ディレクター>三原正寛、谷川想

<プロデューサー>古賀智、相場章

<制作統括>倉迫啓司、山下敏男

<制作>NHKグローバルメディアサービス

<制作協力>エキスプレススポーツ

<制作・著作>NHK

ハンドボール 法政二高式 総合力アップドリル (身になる練習法)

(※Amazonへリンク)

スポンサーリンク